訃報を受けても駆けつけられない時は?

訃報を受けてもすぐに駆けつけられない!そんな時は?

訃報

 

訃報の連絡があってもすぐに駆けつけることが出来ない!
そんな時は、
代理人立てて弔問してもらうという方法もあります。

 

その際、
記帳欄の名前の後に「代」と書けば代理と言う事がすぐわかります。
妻が夫の代理人の場合は「内」と書きます。

 

その他、
代理人も立てられない場合は、弔電を打つなどしてこちらの気持ちを伝えることが大切です。

 

そして後日、弔問できなかったことを詫び
ご遺族の都合を確認し弔問すると良いでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

家族葬の和 安心パック葬


※お葬儀に必要なものがすべて含まれています。


家族葬の和

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 和プラン お問合せ ダウンロード 提携会館 会社概要